百姓=ひやくしよう=飛躍しよう!

アクセスカウンタ

zoom RSS 原発の時代は終わった

<<   作成日時 : 2011/03/29 01:06   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

 4月9日(土)18:30より余市町中央公民館で原発に関する講演会が開催されます。
 詳細は下記参照
http://akaigawajyuku.at.webry.info/201103/article_16.html 
(赤井川塾ブログより)

 先日、余市町で開催されたこの講演会の準備会に出席してきました。

 参加者は余市町民ほか、泊原発から直線距離6kmの共和町の方、後志管内の農業者etc.皆、原発が危険なことを認識しつつ、今回の大震災での福島原発の現状をみて、泊原発から20〜30km圏内にある自分たちも真剣に考え、行動していくべきとの思いが強く、多くの意見が出されました。

 自分は原発や放射能に関してまだまだ勉強不足ですが、妻の両親、祖母、妹家族が福島県に在住していて放射性物質の危険性が毎日伝えられる中、他人事には思えず、原発についての真実を知りたいと思うようになりました。
 また、自然豊かな赤井川村を選んで新規就農したこの地も、泊原発からの直線距離が20数kmという現実、万が一にも今回のような震災が近くで起きたら同様の事態に直面することは明らかです。
 世界で唯一原爆を投下された日本で、現在は世界の注目を浴びるほど放射能汚染が問題になっている現実。
 長崎に原爆が投下された8月9日生まれの自分にとって、安全神話が崩壊している原発問題は否応なしに考えなければならない問題と感じています。

 自分の子供やその先の世代まで、何かあってからでは遅すぎる大きな問題。

 電気が必要だから・・・
 代替エネルギーはどうするのか・・・
 化石燃料が枯渇するから・・・
 etc.

 解決しなければならない問題は大きすぎるが、誰も何もしなければ何も解決しない。


 「泊原発を止める会」に賛同します。


 

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
「止める会」なのか?「考える会」なのか?

じつは、そこのところ、ず〜っと考えています。
赤井川塾 中村雅志
URL
2011/03/31 00:21
中村さん
難しいですね。自分にも良くわかりません。
大きな利権が絡んだ電力、電気が不可欠な現代、愚かな方向に向かって欲しくないです。
考える派でしたが、最近は止めていかなければと思いつつあります
ガンボン
2011/03/31 23:34

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
原発の時代は終わった 百姓=ひやくしよう=飛躍しよう!/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる